2004年10月12日

下弦の月(MOVIE)

まず陣内孝則は要らなかったと思います。
映画のほぼラストシーン近くの1シーンだけ陣内孝則が出てくるのですが、
いままでしっとりと進んできた映画が、彼の高めの声とテンションの高い
セリフ回し(役柄上そうなのですが・・・)でガラッと雰囲気が変わって
しまいました。
陣内孝則の出ている部分だけ別の映画の様な雰囲気です。
メインのキャラクターと絡んでいるシーンも無いので、カットしても
一向にストーリー上は問題無く、映画の雰囲気を壊すようなシーンなのにも
関わらずカット出来なかったのはなにか言えない理由があったのでしょうか。

原作では最後にアダムの長いモノローグがあって終わるのですが、
映画も同様にHYDEの長いモノローグで終わったらどうしよう?
と観る前から心配だったのですが、さすがそこまで無謀なことは
やりませんでした。
ミュージシャンに演技をさせるなら、MOON CHILDで共演した
Gacktの方がまだましかなと観る前は思っていたのですが、
観終わってみるとHYDEで成功だったのかなという感じがあります。
アダムの儚げな感じとHYDEのビジュアルがマッチしていて、
あまりHYDEにセリフをしゃべらせない演出がうまくいったと思います。
もしアダムがGacktだったとしたら、自己主張が強すぎでやはり
浮いた存在になっていたんじゃないかという感じがします。

この映画で栗山千明の可愛さを再確認。
映画の中で高校の制服姿で何度か登場するのですが、これがまた可愛い。
前半は彼女が出ているシーンがほとんどなので、彼女のファンには
嬉しい映画です。

あとは白石蛍役の黒川智花の演技が素晴らしく、ラストシーン近くの
栗山千明と黒川智花の二人のシーンがこの映画の山場といっても
差し支え無いといった感じです。
白石蛍と三浦正輝の着ていた制服はホグワーツ魔法魔術学校か?って感じでしたが
可愛かったのでOK。

陣内の出ているシーン以外は取り立てて悪いところが無く、脇役の役者も
結構ベテランを使っているのでうまくまとまった映画であるという印象です。
ただ悪いところが無いかわりにすごくいいという所も無いので、
あまり記憶には残らない映画かもしれません。

★★★

<TrackBackLink>おえかき上達への道
ラスト・クォーター@映画生活
30歳独身男Kazuakiの映画日記
☆ラムチョコ☆RummyChocolat☆
posted by ももすけ at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(5) | 映画感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/789131

下弦の月〜ラスト・クォーター(イラスト付き)
Excerpt: 下弦の月〜ラスト・クォーター (下弦の月オフィシャルサイト) ★★★☆☆ (作品的には3つだけど色々好きな要素多し) ●感想  メイキングみて原作のマンガ読んで万全の体制で臨みました。 マンガはあ..
Weblog: おえかき上達への道
Tracked: 2004-10-12 00:48

プレミアム上映会@下弦の月 ラスト・クォーター
Excerpt: 矢沢あい原作の漫画『下弦の月 ラスト・クォーター』 の実写映画の追加プレミアム上
Weblog: ☆ラムチョコ☆RummyChocolat☆
Tracked: 2004-10-12 01:03

下弦の月 ラスト・クォーター
Excerpt: 「素材はピカイチ? 終盤はずっと涙! もともとこういうネタは好きだし、合格点でしょ。いやー、それにしても結構泣いたなあ。」 引き続き本日の2本目は「下弦の月 ラスト・クォーター」です。これが今年154..
Weblog: 30歳独身男Kazuakiの映画日記
Tracked: 2004-10-13 22:29

下弦の月 ~ラスト・クォーター プラチナBOX
Excerpt: 下弦の月 ~ラスト・クォーター プラチナBOX AML Amazon Link ( http://jjjjjj.ddo.jp/app/S/aml_Index.html )
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2004-12-25 03:03

陣内孝則
Excerpt: 陣内孝則の最新情報をチェック!ad1();         陣内孝則...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-07-01 07:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。