2005年11月06日

ホールドアップダウン(MOVIE)

ホールドアップダウン(MOVIE)

この映画で誰が一番楽しんだかというと、多分監督とV6だったのではないかと思います。
撮影現場はすごく楽しかったんだろうなあという雰囲気は伝わってくるのですが、
それが映画としての面白さにはなっていません。
さらに悪い事には所々のギャグのオチの部分がほとんど予告編で使われてしまっているので、
フリの部分ですでにオチが分かってしまい笑うに笑えないといったところです。

話の流れにしても、クライマックスになぜあそこに行かなければならないかに、
必然性も説得力もないので最後の見せ場を作るこじつけとしか思えません。

所々でうけるギャグもあり、V6のそれぞれのキャラ設定も結構個性的だったので、
キャストを変えて年齢設定もバラバラにしたら、もしかしたら面白かったかも知れないです。

香椎由宇は今回、婦人警官とウエディングドレスのコスプレです。

★★


ホールドアップダウン@映画生活
posted by ももすけ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9041377

ホールドアップダウン
Excerpt: 『ファンタスティポ』のときにも感じたことだけど、ジャニーズ事務所のファンに対する
Weblog: ベランダ生活 ♪
Tracked: 2005-11-07 16:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。