2005年11月20日

エリザベスタウン(MOVIE)

エリザベスタウン(MOVIE)

コスプレしていないオーランドを映画で初めて観た。
ほとんど期待していなかったからか以外と良かったです。
こういう感動ものにありがちな、ここで泣け!みたいな演出は無く、
全体的に淡々とお話は進んで行きます。

一応主役はオーランドですが、一番オイシイ所はちょっとしか出てない
ママ(スーザン・サランドン)に持っていかれてます。

キルスティン・ダンストにあんな風につきまとわれたら、
きっとかなりウザイと思うのは私だけでしょうか?

ジェシカ・ビールは相変わらず逞しい体でした。

★★★

posted by ももすけ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画感想

ALWAYS三丁目の夕日(MOVIE)

ALWAYS三丁目の夕日(MOVIE)

「映画生活」で評価が90%超えだったので、どんな映画かと思って観に行ってきました。

一言で言うと「悪い所が見つからない映画」でした。
映画全体の構成が大まかに春夏秋冬で分かれているので、
30分のドラマの4本立てといった感じで、2時間13分という上映時間も
それほど長くは感じられません。
昭和30年代を再現した映像も細部までこだわりがあり、
パンフレットによると小道具の一部はコレクター等から借りてきた本物も混じっているとの事。
役者も見ていて心配になるような人が出ていないので、演技の点での不安も無し。
結構年配のお客さんが多く、お笑いポイント、感動ポイント共に一番
リアクションがよかった気がします。

ただこの手の映画は毒にも薬にもならないと思うので、
観た事すら忘れてしまうような感じがします。

きっと映画を観た後は、お子様はカレーを大人は焼き鳥を食べたくなります。

★★★

ALWAYS 三丁目の夕日@映画生活
posted by ももすけ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(6) | 映画感想

2005年11月13日

親切なクムジャさん(MOVIE)

親切なクムジャさん(MOVIE)

やっている事は笑える事じゃないのに、映画を観ている方は、
笑ってしまうような演出をしてしまうのは見事。
抑えた演出での凄惨なシーンは北野映画にちょっと通じる所があります。
人間って極限状態であればあるほど、端から見ていると笑って
しまうものなのかも知れないと思いました。

「何事も美しくなければいけないのよ」というクムジャさんの台詞通り、
直接的な行動はクムジャさんが手を下すより、刑務所の中で親切にしてあげた人達や、
事件の関係者にやらせています。

復讐の仕方はちょっと想像ができない展開。
「あんたが一緒にいてそれは無いだろう」とツッコミたくなります。
この映画の後日談でも一本サスペンス映画が作れそうなくらいな感じです。

クムジャさんが出所後に仲間に作らせた銃はカッコよかった。

★★★★

親切なクムジャさん@映画生活
posted by ももすけ at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画感想

ブラザーズ・グリム(MOVIE)

ブラザーズ・グリム(MOVIE)

グリム兄弟と彼らの童話の登場人物達を使って思い切り遊んで見ました、って感じの映画です。
映画自体は、それぞれの童話のエピソードが融合したような感じではなく、
オリジナルのストーリーになっています。
グリム兄弟も詐欺を生業にしているような奴らでお尋ね者という設定。
全体的にはコメディタッチの演出ですが、ファンタジーというよりは、
ホラーっぽいところもありちょっとびっくりさせられます。

出てくるモンスターはそれほど多くないですが、結構どれも個性的。
体を部分的に誘拐できる能力をもっている泥人形や、
人を丸ごと飲み込む馬、変身のしかたがちょっとトランスフォーマー
っぽい狼男など。

グリム童話を知っていても知らなくても楽しめる映画になってます。

★★★


ブラザーズ・グリム@映画生活
posted by ももすけ at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(5) | 映画感想

2005年11月06日

ホールドアップダウン(MOVIE)

ホールドアップダウン(MOVIE)

この映画で誰が一番楽しんだかというと、多分監督とV6だったのではないかと思います。
撮影現場はすごく楽しかったんだろうなあという雰囲気は伝わってくるのですが、
それが映画としての面白さにはなっていません。
さらに悪い事には所々のギャグのオチの部分がほとんど予告編で使われてしまっているので、
フリの部分ですでにオチが分かってしまい笑うに笑えないといったところです。

話の流れにしても、クライマックスになぜあそこに行かなければならないかに、
必然性も説得力もないので最後の見せ場を作るこじつけとしか思えません。

所々でうけるギャグもあり、V6のそれぞれのキャラ設定も結構個性的だったので、
キャストを変えて年齢設定もバラバラにしたら、もしかしたら面白かったかも知れないです。

香椎由宇は今回、婦人警官とウエディングドレスのコスプレです。

★★


ホールドアップダウン@映画生活
posted by ももすけ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想

2005年11月05日

ソウ2(MOVIE)ヒントあり

ソウ2(MOVIE)ヒントあり

この映画は、どうやって8人があの密室に監禁されたかはほぼ言及していません。
なので、どうやったらあのシチュエーションが作れるのかを気にしてしまうと、
途端に興ざめしてしまう映画です。
現実的に考えると、ジグソウがあの仕掛けとか誘拐を実行するのは無理がありすぎて、
初めからあり得ない話になってしまいます。

普通の推理物だと最後に謎解きがあって、どうしたらそんな事が出来たのかを
論理だてて説明しますがこの映画には一切そんなものが無いので、
最後のどんでん返しなどもいくらでもやり様があり、とりあえず生きているヤツは
最後までみんな怪しいです。

ジグソウが使っている毒ガスの説明をするときに、「Tokyo」「Subway」
なんて単語が聞こえたので使用している毒ガスはサ○ンという設定かもしれません。

あの末期癌のじいさんが死んでもジグソウは死んでないみたいなので、
多分「ソウ3」もできるんじゃないでしょうか。

★★

ソウ2@映画生活
posted by ももすけ at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(3) | 映画感想

2005年10月31日

機動戦士ZガンダムU 恋人たち(MOVIE)

機動戦士ZガンダムU 恋人たち(MOVIE)

相変わらず映画だけ観るとストーリーも何もあったもんじゃありません。
要所要所のイベントだけを繋げた感じで、TV版を見て予習しておかないと、
ストーリー、登場人物共にさっぱり分かりません。

新作画は前回の「星を継ぐ者」より多くなっています。
多分、次の三作目はもっと新作画が多くなると思います。

フォウとサラの声優が変わってましたが、何か大人の事情ですかね?



posted by ももすけ at 02:24 | Comment(1) | TrackBack(1) | 映画感想

2005年10月24日

コープスブライド(MOVIE) ネタバレあり

コープスブライド(MOVIE) ネタバレあり

「チャーリーとチョコレート工場」とメインキャストがほとんど同じこの作品。
パンフレットによると、「チャリー〜」は子供と共演なので、昼間の撮影、
夜は、「コープスブライド」のアフレコだったそうです。

「コープスブライド」の舞台は、生きている者の世界と死者の世界。
生きている者の世界は現実であり、しがらみ、策略、の渦巻くモノトーンの世界。
死者の世界は非現実で陽気、自由でカラフル。
現実世界は主人公ビクターの心を象徴しているかのようです。

最近のティムバートン映画の主人公はだいたいハッピーエンドになっていますね。
今回のビクターもビクトリアと結ばれ、コープスブライドは怨みを晴らして成仏しています。
以前のジャック・スケリントンやエドワード・シザーハンズのように、
一時は表舞台に出てきたものの、最終的には自分の世界に帰らなければいけないような、
ちょっと悲惨な結末ではありません。
そんな内容なので、昔からのティムバートンファンにはちょっと物足りないかも知れません。

牧師役でクリストファー・リーが声をあてていますが、結婚式のリハーサルシーンの台詞で、
「Ring」「Ring」を連発していたのには、思わずサルマンの復活か?思いました。

★★★
posted by ももすけ at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画感想

2005年10月23日

ドミノ(MOVIE)

ドミノ(MOVIE)

実在のバウンティ・ハンターであるドミノのお話ですが、
元モデルのバウンティ・ハンターという設定がいきているだけで、
そのほかはフィクションであるとの事。
基本的にはドミノ(キーラ)をFBI捜査官のタリン(ルーシー)が、
現金強奪事件に関して尋問していく形で進み、回想の所々にドミノの
生い立ちが散りばめられて映画は進みます。
そんな構成なので、時間や場所が色んな所にとびます。
画面は尋問のシーン以外はほとんどのシーンが、ミュージックビデオみたいな感じです。

今回キーラは今までの役には無かったかなりダーティなヒロインを演じています。
自分としてはこれまで見たキーラの中で一番いい感じ。
でも、もうちょっとほっぺたがこけて、シャープな感じになったらもっと良かったと思いました。
(おっぱいも出してくれましたし・・・)

ミッキーロークは、これから脇役で光る役者になっていきそうな感じがします。

★★★

ドミノ@映画生活
posted by ももすけ at 02:52 | Comment(2) | TrackBack(9) | 映画感想

2005年10月10日

この胸いっぱいの愛を(MOVIE)ネタバレあり

この胸いっぱいの愛を(MOVIE)ネタバレあり

タイムスリップものとしては、かなり甘口。
現代に帰還するためのタイムリミットや、歴史の辻褄合わせのミッションも無いので、
主人公達も結構のんびりしていて、異常な状況をすんなり受け入れています。
確かにこの映画の主旨が、成仏してしまう前に心残りを清算したいというものなので、
タイムスリップのハラハラドキドキ感は不要なのかも知れません。

主人公達が本当は死んでいる事に気付き、心残りを解消してしまうと、
成仏してしまうと分かった時の主人公達の葛藤が無かったのがちょっと物足り無かった。
仮に死んでいるとしても今の状態は生きているのと同じな訳で、
死ぬつもりじゃなかった奴らが素直に成仏する道を選べるかどうかは疑問。
自分だったら、だらだらと生き続ける(死に続ける?)選択をしたかも知れないと、
考えたりしました。

全体的にはうまい具合にまとまっていた感じです。
クドカンのエピソードの最期は悪い冗談か?って感じですが、
倍賞さんの盲導犬アンバーのエピソードは一番グッときました。
エンドクレジットを見たら犬の名前が本当にアンバーでした。

最後の伊藤英明の天国のシーンで空港のきれいなお姉さんがいたのが、
ポイント高しです。

★★★


この胸いっぱいの愛を@映画生活
posted by ももすけ at 03:32 | Comment(2) | TrackBack(11) | 映画感想

2005年10月09日

ステルス(MOVIE)ネタバレあり

ステルス(MOVIE)ネタバレあり

予告編だと、A.I.が自我をもって人間に対して反乱を起こして人間と対決・・・、
みたいな内容を想像しますが、実際観てみたら戦闘機版ナイトライダーでした。
最終的には恋人カーラ救出の為、主人公ベンとA.I.のE.D.I.の友情物語になってます。

主役の3人が最後まで軍人には見えなかったのですが、お話自体がリアリティが
無く全体的にアニメみたいな内容だったので、あんまり気になりません。
E.D.I.の追跡でロシアの戦闘機を撃墜したり、北朝鮮に不時着したりとか、
とんでも無い事ばかりやっているので、映画の後の話のほうが大変な事になっていそうです。

観るんだったら自宅でDVDよりも音響のいい映画館の大スクリーンでの
鑑賞をお勧めします。

★★★

ステルス@映画生活
posted by ももすけ at 03:35 | Comment(2) | TrackBack(6) | 映画感想

セブンソード(MOVIE)

セブンソード(MOVIE)

アクションシーンと川井憲次氏の音楽は、見所聞き所です。
アクションシーンは7剣士が村の子供達ピンチに登場する場面が一番の見所。
弱者のピンチ→ヒーロー登場というコテコテの演出ですが、
川井憲次氏の音楽で盛り上げ、観ていて燃えるシーンになっています。

中国の壮大の自然を活かしたロケシーンも見ごたえがあります。
本物のシーンを見せられると、はやはりCGはまだまだ足元にも
及ばないと思わされます。

7剣士の全ての剣に意味があり、それぞれの違う機能を活かした戦い方は、
迫力スピード感があり見ていて楽しいのですが、
153分の上映時間はちょっと長すぎました。
さらには話のテンポがあまりよくなくて、敵の十二門将で一番ビジュアル的に特徴があった、
女剣士は映画の中盤でそれほどの見せ場もなく死んでしまうので、
彼女が倒された後はボス+雑魚みたいな印象になってしまいます。
映画が長い原因は、直接ストーリーに関係ない馬を捨てに行くシーンや、
チュウとリュイジュの中途半端な恋愛のエピソード、
あってもなくても良かった仲間の裏切りなんかの様な、
ディレクターズカット版みたいな構成にもあるかと思います。

余計なシーンを省いて、7剣士のキャラとビジュアルをもっとはっきりと
描けていたらもっと面白かったかと思うと残念です。

★★★

セブンソード@映画生活
posted by ももすけ at 02:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画感想

2005年10月06日

シン・シティ(MOVIE)

シン・シティ(MOVIE)

ジェシカ・アルバ可愛い。
クライヴ・オーウェン、デヴォン青木かっこいい。
ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク渋い。
そして、イライジャ・ウッド怖い〜。

ハードボイルドの基本をきっちりと押さえた映画。
男は決して若くは無く渋くて強く、ストイック、
常に主人公のモノローグで話が進む。
女は若くてセクシー、ちゃんと経済的にも精神的にも自立している。
ストーリーのキーにはなるが、決して中心にはならない。

全編白黒の映像ですが、ゴールディの金髪、イエロー・バスタードの肌等、
ポイントとなる部分はカラーで表現されています。
残虐シーン、流血シーンのオンパレードですが、白黒画像であるせいか、
観ている間も観終わった後もあまり気持ち悪さを感じなかったのが不思議。

コミックを本当にそのまま映像化したような作品で、
ケビンのめがねがいつも白く輝いていたり、死体が平気で喋っていたり、
マーヴが車に何度はねられても死ななかったりしてます。

パンフレットによると、ジェシカ・アルバはわざわざストリップを見に行って、
ストリッパーの動きまで研究していたのに、ジェシカパパのNGでヌードには
なれなかったそうです。
娘の役者根性を尊重してやれって感じですが・・・。

★★★★
posted by ももすけ at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想

2005年09月25日

SHINOBI(MOVIE)

SHINOBI(MOVIE)

原作は山田風太郎氏の「甲賀忍法帖」ですが、この映画は原作の持つ不気味さや、
妖艶さがかなり薄まっている感じです。
伊賀と甲賀で双方5人づつ合計10人の対決ですが、101分の上映時間では
各キャラクターにかける時間が少なく、それぞれの魅力が描ききれていない感じは否めません。
それぞれが魅力的な技をもっているのですが、技の見せ場が少なかったのが、残念です。
原作に出てくる、地虫十兵衛、風待将監、小豆蝋斉、雨夜陣五郎のような、
不気味な奴らははじめから出ていないので、映画の登場キャラは比較的きれいな
奴らばかり。
さらに、朱絹、お胡夷のようなエロティックな技をつかうくノ一も出てこなく、
陽炎は出ているもののこの映画の陽炎は毒の息を自由に出せるようで、
原作のように男と愛し合ったときに毒の息を吐く設定ではないので、
そんなシーンもありません。

原作を意識しないで観るとアクションシーンはそれなりに見所があります。
夜叉丸と小四郎の森の中での闘いがスピード感、迫力がありますが、
その他のシーンはひたすら眠い映画でした。
でも一番すきなシーンは選ばれた双方の10人の名前が呼ばれていくシーンです。

★★★


おえかき上達への道
SHINOBI@映画生活
posted by ももすけ at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(5) | 映画感想

2005年09月19日

ファンタスティック・フォー(MOVIE)

ファンタスティック4(MOVIE)

定番のヒーロー物を期待していくと、ちょっと肩透かしを食らいます。
まず敵役のDr.ドゥームとの戦いよりも、メンバ同士の内輪もめでの
超能力者同士の喧嘩の方が面白い。

Dr.ドゥームとの戦いも基本的には内輪もめなので、
他のヒーロー物のような危機感はあんまりないです。
さらにファンタスティック4のパロディである、Mr.インクレディブルより
ホームドラマ感が強い感じがします。

昔見た「宇宙忍者ゴームズ」はファンタスティック4だったんですね。
「ムッシュムラムラ!」しか憶えてないですが・・・。

★★★
続きを読む
posted by ももすけ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(7) | 映画感想

2005年09月11日

チャーリーとチョコレート工場(MOVIE)

チャーリーとチョコレート工場(MOVIE)

ご家族向けの甘口ファンタジーかと思いきや、そこはティム・バートン監督、
作品の中身はシュールでマニアック。
ギャグなんだか、ホラーなんだか、笑っていいのか、怖がった方がいいのか、
分かんないシーンがいっぱいです。

まず工場の中で踊りまくるウンパ・ルンパの存在が不気味。
同じ顔の小さいおっさん(設定上は女性のウンパ・ルンパもいます)
がいっぱい出てきて、まるで悪夢の様。
ウォンカの後継者に選ばれなかった子供達へのお仕置きもかなりえげつなく、悪趣味です。
思いっきり快楽を味あわせて最期にはどん底に突き落とす喪黒福造みたいです。

映像の対比が素晴らしく、工場の外はとことんモノトーンで、
中は派手派手の極彩色です。
まるでナイトメア・ビフォア・クリスマスのハロウィンタウンと、
クリスマスタウンのようです。
ティム・バートンの作品て、主人公の現実部分はモノトーンで、
非現実部分(主人公の空想部分)は極彩色の場合が多いですね。

チャーリーがゴールデンチケットを当てて、それを家族に見せた時、
500ドルで買ってくれる人がいるから、売ってしまおうと、
チャーリーが提案しますが、じいちゃんがチケットは絶対売らずに、
工場に行って来いみたいなシーンにマニア魂を感じます。

ティラナス卿の歯医者は怖くて絶対行きたくないですね。

★★★★

続きを読む
posted by ももすけ at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(11) | 映画感想

2005年09月04日

NANA(MOVIE)

NANA(MOVIE)

コテコテの少女漫画的宇宙を、受け入れられるかどうかで、
この映画を楽しめるかどうかが決まります。
ハプニングで同居する事になってしまう主役の二人とか、
レンが孤児だったりとか、ナナの左肩のタトゥーが蓮(レン)だったりとか、
ナナがレンの首に南京錠をかけるとか、
普通の映画だったら、恥ずかしくなってしまうシチュエーションも、
普通に盛り込まれています。

観る前は、中島美嘉の演技が心配でしたが、
見ていて恥ずかしくならないレベルだったので一安心です。

観に行くときは頭を思いっきり少女漫画モードにしていくと、
楽しめる作品です。

ブラストの「GLAMOROUS SKY」とトラネスの「ENDLESS STORY」が良かったので、
★★。

NANA@映画生活
おえかき上達への道
posted by ももすけ at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(9) | 映画感想

2005年08月29日

奥さまは魔女(MOVIE)

奥さまは魔女(MOVIE)

オープニングから、イザベルの買い物、親父との食事くらいまで、
とってもいい感じだったのですが、そこまでって感じの映画です。
話の素材はいいし、二コール・キッドマンも良かったんだけど、
どうにも退屈でした。
途中で何度か眠りにおちそうになってしまいました。

魔法を使っていたのがほとんどイザベルの親父だけだったので、
冒頭の買い物シーンや、食事のシーンの様に、
イザベル(二コール)にも、もっと魔法を使って欲しかったところです。

二コールは相変わらず可愛くて、とても3X才とは思えないです。
パンフレットの「I am a witch」と書いたTシャツを着ているニコールが、
とってもバカっぽくて可愛いです。

★★

奥さまは魔女@映画生活
posted by ももすけ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(8) | 映画感想

2005年08月24日

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(吹き替え版)

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(吹き替え版)

EP4、5、6はそれぞれ1回しか劇場で観ていません。
2回目以降の鑑賞はTV放送で観てます。(もちろん日本語で)
そんな訳でスター・ウォーズに関しては、吹き替え版で観る事に抵抗がありません。

アナキン・・・浪川大輔氏
EP2からの続投でしたが、第一声を聞いた時は声優が変わったかと思う位
ドスの効いた声になっていました。
この人はロード・オブ・ザ・リングのフロドの吹き替えもやっていて最近は、
人気があるみたいですね。
アレキサンダーのDVDを吹き替え版で観てみたら、アレキサンダー(コリン・ファレル)が、
この人の吹き替えでした。
ドゥークー伯爵を倒し、グリーバス将軍の船から脱出しようとする時に気絶したオビ=ワンを
パルパティーンから「置いていけ」と命令された時の、
「生きるも死ぬも一緒です」って台詞は良かった。

オビ=ワン・・・森川智之氏
グリーヴァス将軍を倒した時の台詞が最高です。
「こんな物を使うとは・・・」
ちなみに字幕版だとこのシーンは、
「掃除が大変だ・・・」。

C−3PO・・・岩崎ひろし氏
さらにオカマ度アップの吹き替え。
イントネーションのつけ方といい、R2−D2を「お前さん」とか呼ぶあたり
新3部作の中では一番です。
ジェダイ寺院襲撃を見守るパドメに言った、「Helpless・・・」の台詞。
「私(わたくし)、無力です・・・」が名訳ですね。
(字幕版だと、「どうしたものやら・・・」だったかな。)

キ=アディ=ムンディ・・・水野龍司氏
ジェダイ評議会のシーンでグリーヴァス将軍が発見出来ない事を報告する時の台詞。
「みつかりませなんだ。」
とっても時代劇がかってます。

ダース・ヴェイダー・・・大平透氏
旧3部作のDVDの吹き替えでも同じ大平氏。
でもEP1でボス=ナスやってますよね?
思い切って他の人をキャスティングしても良かったかも知れません。
最期に叫ぶ時にちょっと声が裏返るのがかっこ悪いですよね。
posted by ももすけ at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想

2005年08月15日

妖怪大戦争(MOVIE)(ネタバレあり)

妖怪大戦争(MOVIE)(ネタバレあり)

68年版とは違い、今回の妖怪大戦争は、「妖怪は闘わないんだ」
というコンセプトの元に作られています。
さらに加藤保憲が今回の事件の首謀者なので、「帝都大戦」の続編?って感じです。
プロデュースチームに水木しげる氏、荒俣宏氏が名前を連ねていますので、
妖怪の「闘わない」というコンセプトは正しいのかもしれません。
しかしながら、映画としては「闘わない」というコンセプトが足枷になっていた気がします。
すねこすりが一本だたらを逃がすエピソードや、一本だたらが聖剣を打ち直すエピソード等の
熱い展開がもう少し欲しかったところです。
最初は闘う事を嫌がっていた妖怪達がやっぱり協力するという、かなりベタな展開ですが、
そんな展開を期待していました。
(祭りと聞いて集まって来るなんて2ちゃんの住人か?って感じです。)
さらに言えばそれぞれの妖怪の得意技を活かした攻撃の数々が見たかった所です。

文句ばっかり書いていますが、見所はというと、最期の妖怪大集合のシーン。
パンフレットによると、500体の妖怪エキストラが登場しているそうです。
やっぱり本物の人(妖怪)が大勢ひしめいている画は迫力があります。
いつもしっとりと濡れている川姫の太モモ、アギ(栗山千明)のミニスカでのウンコ座り。
豊川悦司の眉毛なしメイクは実写版でギレン総帥ができそうです。
あと神木君のファンにはうれしい着替えシーンも用意されています。

パンフレットは妖怪図鑑みたいで楽しいです。¥700はお買い得かも。

★★

続きを読む
posted by ももすけ at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(4) | 映画感想

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。